安倍藁科川鮎釣りが解禁!!

6月1日!

 

地元の安倍藁科川も鮎釣りが解禁しました。

 

川が鮎釣りには悪い状況の様です。

 

 

どこでも入れ掛かりっ!!

 

 

突撃モードの僕に、名人達がストップ掛けてくれたお陰でボーズは逃れました😅

 

ポイントを見る目を鍛えよう!

 

今シーズン、タモを新調しましたが、4匹の貧果では出番が少な過ぎて良く分かりませんでした、

 

写真の通り、鮎の頭が色々な方向に向かないで横一線になるのは確認出来ました🤣

 

 

ちなみに師匠は19匹でした。

 

 

 

カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(0) | - | -
鮎釣り解禁しました!

静岡も鮎解禁です。

 

今年も興津川からスタート!

 

張り切って開始したものの

 

すぐに根掛かりで仕掛けと

 

オトリロスト(T_T)

 

風強〜い。。。

 

ウエットタイツなんで寒〜い。。。

 

 

オトリ1匹からのドン底から這い上がり!?

 

もう少し釣れると思いましたが9匹でした。

 

昨年6匹だった様なので少し上達したかな?

 

 

思ったより釣り人少なめでした。

 

 

来週も来よう!

 

 

手前に居ないのね〜
ずいぶん時間を費やしてしまいました。
立ち込んで早い流れで反応あり。
冷えるわ。。。

 

 

 

小振りかな〜😀
初物は一夜干しか丸干しにします。

 

カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(0) | - | -
鮎の解禁間近

鮎の解禁間近です

 

期待を込めた毛鉤をボックス満杯に

 

から!

 

今は鮎の掛けバリ満杯に

 

昨シーズン自分に合った型をメインに

 

他のメーカーを一つ追加して

 

3種のハリで2018年に挑みますo(^o^)o

 

釣りバカっぽくて良い眺め〜♪

 

カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(0) | - | -
また寒いです。。。

風が強いし曇っていてまた寒い日です。

マルパパ師匠にお付き合い頂き新東名下へ!!

上着を羽織って釣り開始です。いつも、初っ端掛かって安心のパターンですが、今日は無反応です。

それに根掛かり連発で、上着の袖がびしょ濡れで冷たい事...(´;ω;`)ウゥゥ

産卵を控えた鮎は警戒心も強いという事らしいので静かに釣る予定でしたがポイントが台無し。

最後にと取っておいた、対岸際の残り垢で何とか1匹。

その辺りを上下移動して数を増やしたい所でしたが4匹で完全沈黙。

上へ向かい僕にしては大移動!



午後になりやっと太陽が!秋らしい〜うろこ雲だ〜また天気が崩れるのか?

やっとの事、垢が広範囲。。。でも、無いけど(^^;)見付けてプチ入れ掛かり!!



20僖ラスの良型もまじりました。それと、「アユカケ」初めて釣りました。



秋の一日は早いですね。マルパパ師匠



日が差しても好転せず、上着も結局脱ぐこと無かった風も強く寒い1日でしたが11匹!

よく頑張ったと思います!?


 

カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(0) | - | -
寒いです!!
富厚里へ!

朝は雨

寒いです。

この時期の鮎の付き場が解りません。水温も低そうだし、少し水深がある所を狙ってみました。

ウエルカムで!?

2匹釣れましたがその後は沈黙です。

腕なのでしょうが、それにしても生命反応が感じられないので今とは違う感じのポイントへ移動です。



変化に富んだポイントだと目移りしてしまい、釣りが雑になってしまうのです。

まだまだ渓流のアマゴ釣りが抜けていなくて、いつの間にか落ち込みみたいな所で、

オトリ鮎を休ませていちゃったりで。

時合なのか14時頃になるとにわかに釣れ始め、30分位でまた沈黙。。。

結局、16時を前に寒いし釣れないし撤退でした。



9匹でした。サイズも揃って当たりも目印が飛ぶ様なものもあって楽しめました。

今まで数よりサイズ狙いの釣りのスタイル(^^;)

「つ抜け」って、本当に難しいのですね。

友釣りも終盤戦です。頑張ります!!
カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(0) | - | -
垢飛び

昨日、鮎の友釣りの肝!?である垢の飛びで良い経験??をして。。。

 

今日はおやすみにしようと思いましたが体が勝手に(^^;)
マルパパ師匠も昨日は散々だった様でしたが、念のため声掛けに寄ってみると。
「さあ!行くか〜」って...ぷ!
木枯らしの森へ
草の岸際の残り垢狙い!
誰でもやりますよね。
いつも最初だけは良い感じです。
3匹立て続けに〜そして、いつもの様そのまま沈黙へ
曇っていて寒いです。
垢の付き方を確認しに木枯らしの森へ上陸
神社があるのですね。
川の中州なのに
しっかり整備されていました。
下に入った師匠は、同じ様なタイミングで掛けていましたが
そこから、凄い勢いで下へ攻めて行きます。
僕もゆっくり下り始めますが後追いなので、違う流し方を試みますが無反応。
ポツポツ雨が落ちてきて、そそそろ終わりかなと思った頃に師匠が上がって来ました。
15〜16匹釣ったと(^^;)
師匠もう一度、島の下手でやり始めます。
あ〜
また、釣った。
珍しく竿を立てて釣っています。
真似して本当に対岸のきわ
オトリが対岸へ上陸しそうになるのをコントロールしながら立て竿で粘ります。
得意な分野だけど、曇りの逆光で底石が見えず想像と忍耐の釣りです。
で、釣れた!小さかったけど
沈黙破れてよかった〜の結果は7匹。
仕舞が良かったので次回へつなごう(^^)v
カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(0) | - | -
増水後!

台風で増水した安倍藁科ですが、意外に水の引きが早かったです。


早速〜!!

コンビニで昼ご飯を買っていざ

ロッドケースがゴロンと転がって気が付きました。

ロッドケースが空だ〜

先日、竿をクリーニングで乾燥中でした。

Uターン(^^;)

「後で行くから!」の、師匠に追い越されそうになり。

下から川を見て行きますが、垢が飛んでいます。

何とか中流部で良さげな感じの所で竿を出しました。


ここは!と、思う所を釣ってしまって3匹でストップ。

肝心な所は垢が無くて。。。

良い石の上流でオトリを止めて置く腕があればな〜。

母校の裏へ移動します。

前回、連発したひと繋ぎの垢の筋は健在(^^)v

ひと流し目から掛かりますがそのエリアは狭くなっており、流れも強くなっていまして万事急須。。。

4匹の貧果

残り垢が予測出来る位川に通わなければな〜と思った初秋でした。

酷使してしまった鮎は、もうサビが出てしまって

五時の声!?(五時の鐘)を聞く前にもうこんな感じ
暑かった夏ももう終わりなんだな〜
カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(2) | - | -
わが母校!!

今日は、わが母校の裏に入って安倍川と藁科川の両方を釣っちゃう戦略!?

 

校舎の裏手まで回るつもりでしたが、小砂利の藁科川は砂漠の様でして

 

そこそこの歩きで藁科川の流れで釣り開始。

 

まずはオトリ確保!緩い流れで反応を見ます。

速攻で、何とかぎりぎりオトリサイズをゲットで、すぐに20センチクラスの良いサイズ。

もう1匹追加しますがサイズが(´;ω;`)ウゥゥ

 

テクテク歩いて安倍川の流れへ!

 

世界遺産の??船山へ
カカカッ!
と、反応は良いのですが、本流としてはサイズが小さすぎです。
この頃は風が強くなって、引き抜くとやった事ないのに、上流へ振子で飛んで行ってしまいます。
いい感じで流していても、竿が勝手にオトリを引っ張って水面から飛び出てしまいます。
4匹釣れましたが、サイズが安定の小型14〜15センチ
藁科川へ戻ります。

15:00頃から風が収まり、小場所ですが早い流れにオトリを入れると久々に掛かる!

しかし、引き抜きで手元で空中分解(+o+)
タモを構えていたのでとっさに、落ちた所をすくってみたら。
まさかの水中キャッチ!
循環の釣り
そこから少し挽回。
安倍川6匹の藁科川13匹の計19匹
サイズも藁科川の勝ちでした。
カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(0) | - | -
上流部

今日は、何処に入ろうか?

藁科川を、下流からポイントを探しますが、またまた結構な釣り人が(^^;)
戦略?が、
少ししか無いので一つのポイントから何匹も引き出せません。
流れ込みから開きまでの、ゆったりスペースを取りたい。
いつの間にか上流部!?
良い石色!どこにでも居そうな(^^♪
開始そうそう2連発!
しかも、サイズ(20儷瓩ぁ砲皀灰鵐妊ションも良好です。
しかし、続かず。
ほぼ渓流エリア、谷になっているので9mの竿では川と平行にしか竿を倒せません。
短い竿ほしい〜
川に影を映すと、まるで渓流魚の様に逃げる。。。
3匹でギブアップ。
下流へ〜
ありゃ、オトリ缶のエアーポンプの電池が切れている。
箱を開けて電池をくるくる回す??
生活の知恵(^^)v
ちょっと復活
今週の激戦区!
高速のしもへ
のどかな河原から、そう遠くなく覗く高層ビル群(笑)
静岡って良いとこだ!
僕的には入れ掛かりだった9匹追加で何とか「つ抜け」の12匹でした。
カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(0) | - | -
ポイント選択

藁科川の僕の良く行くエリアは、昨日は100人規模の鮎釣り大会がありました。
ならば、そのエリアを外した下流のエリアから覗いて見ますが当然みな同じ考え!?

結構な釣り人が入っています。

それに師匠に聞いた話によると、今週末も釣り具屋さんの大規模な大会があるそうで

その下見に来ている方も居る影響もあるみたいです。

結局、大会があったいつもの富厚里エリアへ!

ガラガラ(笑)

お一人居ましたが、いつものおじさんだけ

僕の得意な??ポイントのすぐ上の段で釣るのですが、

パーソナルスペースが僕と一致しているのか、声が届くあと一歩の所でまた上流へ

新参者ですので、なるべく前後の釣り人とはお話しさせて貰うのですが

おじさんとは、川を渡る時に一度声を掛けただけに。。。

いつも近くて遠い存在(笑)

予想に反し、開始すぐに1匹!!

...2匹!3匹!!4匹!!

5匹目?空中分解

6匹目??空中分解

なが〜い(3時間)沈黙のあと

手元から沖に泳がしたオトリに反応

流れに対して平行ではなくて、垂直が良いのか?

時合だったのか?

1時間ほどで6匹追加の計10匹でした。

一時期より、ちょっとサイズが落ちましたが綺麗な鮎が掛かります。

天然と聞いて納得していました。

川から上がって「釣れたか?」

と、声掛けて来たおじいちゃんに

「小さいけど、綺麗な【天然】の鮎が釣れましたよ!」と、答えたら

「天然の方が大きくないのか??」

って・・・ごもっとも!でございます(^^;)

 

ヒレが色鮮やか!アブラヒレのオレンジがたまりません!!

 

カテゴリ:鮎釣り | 00:00 | comments(0) | - | -
| 1/2PAGES | >>